ミネラルファンデーションをあれこれ使い比べてみました。

 

使ったミネラルファンデをグラフで比較

このサイトに掲載している商品は、私が実際に購入して試したミネラルファンデです。下記の5つのポイントから、5点満点で点数をつけて比較してみました。掲載している商品の詳細は、購入前に必ず公式サイトで確認して下さいね。

  • カバー度 (シミや毛穴をカバーする力)
  • 色数 (自分の肌の色にあった色が選べるか)
  • 価格 (1gあたりの価格の安さ)
  • 成分 (含有成分のシンプルさ)
  • 使いやすさ (容器の形状、ブラシの肌触り、持ち歩きのしやすさなど)

 

ファンデの一覧

エトヴォス(3.6点)

敏感肌用の化粧品を作っているエトヴォスから発売されているミネラルファンデーション。酸化しないので、長時間つけていても黒ずみ・くすみがありません。パウダー、リキッド、夜用など、たくさんの種類があるのも良い点。肌が弱い人におすすめです。

ヴァーチェ(3.6点)

エトヴォスの別会社として設立したヴァーチェの、リキッドミネラルファンデーション。リキッドとは思えない軽い使い心地で、カバー力もそこそこあります。油分が多く、乾燥しません。

レイチェルワイン(3.4点)

皮膚の専門家の元で修行した女性が開発したミネラルファンデーションです。粒子の細かさ、肌への密着度合い、容器のキレイさと非の打ちどころがありません。脂っぽくなく、しっとりしています。

トゥヴェール(3.2点)

ミネラルのみのUVパウダーなどを作っている、トゥベールのミネラルファンデーション。持ち歩きやすく、使いやすいコンパクトタイプです。

Tv and Movie 10minミネラルファンデ−ション(3.2点)

オーガニックミネラルコスメシリーズ、Tv&Movieのデビューセットを使ってみました。原料にこだわって作られているだけでなく、ミネラルコスメとしては最高のカバー力。明るい肌色に仕上がります。

オンリーミネラル(3.0点)

ヤーマンが日本人向けに開発したミネラルファンデーションがオンリーミネラル。サラサラしたつけ心地で、シマーパウダーとしても◎。写真付きで紹介します。

リソウ リペアファンデーション(3.2点)

水や油を一滴も使わない、独自の生命体技術を使ったリペアジェルを作っているメーカーから発売されたファンデーション。美容成分がふんだんに使われ、肌に刺激がありません。

MIMC(3.8点)

高級ミネラルメイクのMIMC。直営店舗でしか買えませんが、姉妹品のMMKはネットでも買え、品質はあまり変わりません。つけ心地を写真付きで紹介しています。

ベアミネラル オリジナルファンデーション(3.0点)

アメリカ生まれのベアミネラルは、カバー力抜群のミネラルファンデーションです。リキッドタイプ、BBクリームとさまざまなタイプが発売されていて、肌の状態や欲しいカバー力に応じて選べます。皮脂となじんで崩れにくいので汗をかく人におすすめ。

オンリーミネラル ミネラルエアー(3.6点)

オンリーミネラルを販売しているヤーマンが、本業の美容機器製造の技術を活かして発売したスプレー式のファンデーションです。肌を摩擦しないので、より優しく使えます。カバー力は最高。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション(2.4点)

ヴァントルテの、ミネラルパウダーシルクファンデーションを使ってみました。なんとなく中途半端な印象でした。

24hコスメ プレミアムパウダー(3.2点)

24hつけておいても大丈夫、という低刺激コスメ、24hファンデーションの高保湿シリーズ。年齢肌向きの保湿感とツヤ感、カバー力を備えつつ、石けんで落とせるのでおすすめです。

オーブリー シルケンアース(2.6点)

オーブリーオーガニクスから発売されているベースパウダー。ファンデーションとして使うにはちょっと物足りないですが、クリーム状のファンデやBBクリームと併用するにはとてもいい感じです。

Lavera(ラヴェーラ)(2.6点)

ドイツのオーガニックコスメブランド、ラヴェーラのミネラルファンデーション。固いプレストタイプですが油分が多く、保湿力が高いです。見た目より色が強く出ないので、仕上げにぴったり。

スーザン・ポスニック(4.0点)

アメリカのメイクアップアーティスト、スーザン・ポスニックが開発したミネラルメイクシリーズ。皮脂になじんでだんだん自然にキレイになります。機能的でシンプルな容器がとてもいいです。

メリカ ワン・ブラッシュ(3.2点)

ワンブラッシュは楽○市場で大人気のミネラルファンデーション。粒子が細かく、容器にもちょっと工夫がされています。つけ方などを写真付きで紹介します。

クルールキャラメル(2.6点)

クルールキャラメルは光補正などがない、色味でカバーするだけ、というフランスのオーガニックブランド。肌が特に敏感な人に。

M.A.C(2.8点)

人気コスメブランド、M.A.Cから発売されているミネラルファンデーションのルースタイプを使ってみました。粉は白っぽくて、ピンクの強い印象。馴染むのに時間がかかりますが、長時間メイクには向いているかも。

アムリターラ アメージングオーガニック(3.0点)

アムリターラアメージングオーガニックファンデーションクリーミーモイスチャーは、油分と美容成分を多く含んだミネラルファンデーション。つけている間もスキンケアしてくれます。カバー力は高くありませんが、素肌がキレイな感じに仕上がります。自然な素顔メイクが好きな人にオススメしたいミネラルファンデーションでした。

アリマピュア(3.6点)

100%天然ミネラルのメイク品を作っているアリマピュアのミネラルファンデーションです。パウダーが粉雪のように細かく、ふわっと肌にのるのが特徴。ナチュラルな仕上がりが良い人に。

Sinn フェイスパウダー(3.4点)

オーガニックコスメを作っているSinn(シン)のオーガニックフェイスパウダー。ベースと組み合わせて使うと、カバー力が高まります。

ビューティフルスキン(3.2点)

ビューティフルスキンは医療機関でも取り扱いがあるという、肌に刺激がないミネラルファンデーション。粉のサラサラ加減が独特。肌の印象が明るくなります。特に肌が敏感な人、敏感な時期に使いたい優しいファンデ。

ナチュラグラッセ(2.4点)

お菓子のように食べられそうなくらい、肌に優しいという意味で名付けられたミネラルメイクシリーズです。天然ミネラルとオーガニック植物のエキス、スクワランなど保湿成分が多く配合されています。

チャコットプランツ(2.8点)

バレエ・ダンス用品を作っているチャコットから発売されている、植物由来成分と天然ミネラルを使ったファンデーションです。肌に優しくツヤ感もある仕上がりに。ピンク寄りの白い色味が好きならおすすめ。

アクア・アクア(3.0点)

オーガニックコスメブランド、MIMCから発売されたプレストタイプのミネラルファンデーション。ミネラルと植物由来成分だけで作られており、日焼け止め効果も高いファンデです。

 

ファンデのコラム

肌の負担になる成分が入った、ミネラルっぽいファンデに注意して

ミネラルファンデーションは肌に優しいという触れ込みなのに、肌の負担になる成分がたくさん入っているものもあります。ご注意を。

汗に強いミネラルファンデーションはどれ?

ミネラルファンデーションはくずれにくいのも特徴ですが、特に汗に強いと感じているものを紹介します。

ミネラルファンデーションをうまく使うためのブラシ選び

ミネラルファンデーションはブラシでつけるのが基本。でもふだんブラシでメイクはしていないから、あまりうまく使えない、という人も。材質や大きさなど、メーカー別に紹介します。

日焼け止めにミネラルファンデだけでは役不足?

ミネラルファンデーションには紫外線防止効果もあるものが多いのですが、その効果については表示されている数値を鵜呑みにしてはいけません。日焼け止めは必ず使った方が良いですよ。

国産のミネラルファンデが良い理由

ミネラルファンデーションは海外で開発されたため、輸入品も多くあります。あえて国産の製品がおすすめ、という理由を紹介します。

ミネラルファンデーションでシミを隠すには

肌に優しい分、カバー力はないと思われがちなミネラルファンデーション。管理人の濃いシミもミネラルコスメだけで隠せます。写真で紹介します。

ミネラルのメリットを損なわない下地クリーム

皮脂と馴染んで自然なツヤを出してくれるミネラルファンデーションですが、リキッドから乗り換えた人には不安なもの。利点を損なわないおすすめの下地を紹介します。

 

 

当サイトでミネラルファンデーションを比較した項目の詳細

比較の基準1:カバー度

ミネラルファンデーション使用時の、肌のシミ・毛穴をカバーする力について比較しています。管理人にはニキビ痕と水疱瘡の痕があり、シミもあります。そんな肌のアラをカバーできるかどうか比較しています。コンシーラーを販売しているメーカーも多くありますが、ここでのカバー力はベースとなるファンデーションについてのみ評価しています。

評価の基準2:色数

ファンデーションは自分の肌の色に合う色があるかどうかも重要です。皮脂となじんで自然になるミネラルファンデーションだからこそ、くすみや白浮きは避けたいところ。色がたくさん用意されているかより、日本人の肌に合う色が用意されているかどうかで評価しています。

評価の基準3:価格

メーカーによって内容量がかなり違うミネラルファンデーション。1gあたりの価格が高いか安いかで比較しています。

評価の基準4:成分

天然のミネラル成分で作られていることが魅力ですが、中にはそれ以外の成分が使われているものもあります。含有成分がシンプルに天然成分のみなら評価は高く、合成の成分が含まれていれば、マイナスで評価します。

評価の基準5:使いやすさ

通常のファンデーションと違い粉をブラシでつけるミネラルファンデーションは、ブラシや容器の大きさ・形状が使いやすさを左右します。ブラシの肌触りや、持ち歩きのしやすさなども考慮して評価します。