1. 汗に強いミネラルファンデーションはどれ?

汗に強いミネラルファンデーションはどれ?

ミネラルファンデーションは汗に強く、くずれてもキレイなのがポイントのひとつです。

なぜ汗に強いのか。それは、皮脂と温度によってクリーム状に変化するからです。

一部を除いて、ほとんどの製品が、ブラシでつけるように勧められています。共通しているのは、パウダーを専用のブラシでクルクルと回してから肌につけること。実はこの「クルクル」に秘密があります。

ベアミネラルが店舗での販売を始めた時に、スタッフの方に教えていただいたんですが、ブラシでクルクル回している時に、粉からクリーム状に、ブラシの中で変化しているんですよね。

そのため、顔に塗りつけるときにはしっとりと肌に密着してつき、粉っぽくならないのです。

 

肌に密着した後も、皮脂を吸い込んでいるので、クリームの状態のまま流れません。おまけに、皮脂を吸着して肌の上にとどまらせるので、月次と皮脂が過剰に分泌されるのも防ぐんです。

なので、ブラシでつけるパウダータイプは、どれも汗に強いのです。それでも、ファンデーションだけではくずれてしまいそうで心配だとか、仕事や地域の都合で、汗だくになることが多いのであれば、こまめに塗り直しはした方がいいと思います。

汗や皮脂をどんどん吸い取る、皮脂コントロール専用のミネラルパウダーも売られているので、そういう製品をプラスして使うのもおすすめですね。

 

ベアミネラルは特に汗に強い

ミネラルファンデの中でも、私が使った実感で「これは本当に汗に強い」と思うのは、ベアミネラルです。

ベアミネラルをつけていると、運動をして流れるような汗をかいても、顔を抑えるようにして拭けばファンデーションは肌に残るんです。

ゴシゴシと顔をこするように拭いてしまうと、とれちゃいますよ^^;

でも、通常のファンデーションのように、汗で流れてしまうということはありません。特に、ベアミネラルにはミネラルベールというパウダーがあるんですが、これをファンデーションをつける前につけておくと、本当にくずれません。

本来はファンデーションの上につけるものなんですが、皮脂の吸収に長けているので、一番肌に近い側につけておくと、より皮脂を効率的に吸い取らせることができます。

これも、ベアミネラルの販売員の方に教えていただいたテクニックなんですよね。

 

ミネラルベール自体は、色味がない薄いピンク色って感じで、つけてもあまり変化がないように感じます。でも、つけておくのとつけないのとでは、仕上がりにかなり違いがあります。乾燥する季節には、ファンデーションの上につけておくと、ツヤ感がアップするハイライトのようにも使えます。

ベアミネラルの製品は、オンリーミネラルなどと比べると、あまりたくさんの種類がなくてシンプルだなと感じますが、ミネラルベールのように、複数の働きをするものが多くあるんですよね。アメリカの製品らしく、合理的だなと感じます。

ベアミネラルのレビューページへ

 

サッパリしているレイチェルワインも、意外と汗に強い

また、レイチェルワインも、特に汗に強いミネラルファンデです。

レイチェルワインは、ベアミネラルに比べると粉がサッパリしている感じ。ベアミネラルは肌にのせた時にもうクリームっぽいんですが、レイチェルワインの方は、のせてから少し経ち、皮脂と馴染んだ頃にクリームっぽくなります。

メイクの仕上がりには違いがありますが、どちらも汗に特に強いですね。他のメーカーの製品でも、普通のリキッドファンデーションよりは汗に強いですが、自分で驚くほどの汗をかいても流れないのはこの2つですね。

私は日常的に運動する習慣があり、特に夏場は滝のように汗をかきます^^; 通常のメイクや日焼け止めクリームだと、あっという間に流れてしまいますが、ミネラルだと肌の上に留まるんですよね。

 

ベアミネラルも落ちませんが、塩化ビシマスの働きか、最初から脂っぽい感じなので、汗をうんとかくとツヤツヤを通り越してギラギラな感じになります。

その点、レイチェルワインは細かい粒子で肌に密着した感が損なわれないので、大汗をかいたあとでもちょっと爽やかさが残ってます。

汗をかいても流れないほど汗には強いのに、石鹸で落とせる点もいいと思います。ウォータープルーフの強力なリキッドファンデーションだと、クレンジングを2,3回使わないと落とせなかったりしますから。

クレンジングが悪いわけではないんですけど、やっぱり何度も使ってしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌荒れの原因になりますからね。

肌に刺激がなく、崩れにくくて落としやすいミネラルファンデーションの良さは、暑い季節にこそ実感できると思います。

レイチェルワインのレビューページへ

 

こちらもどうぞ

ミネラルファンデーションでシミを隠すには

肌に優しい分、カバー力はないと思われがちなミネラルファンデーション。管理人の濃いシミもミネラルコスメだけで隠せます。写真で紹介します。

肌の負担になる成分が入った、ミネラルっぽいファンデに注意して

ミネラルファンデーションは肌に優しいという触れ込みなのに、肌の負担になる成分がたくさん入っているものもあります。ご注意を。

ミネラルのメリットを損なわない下地クリーム

皮脂と馴染んで自然なツヤを出してくれるミネラルファンデーションですが、リキッドから乗り換えた人には不安なもの。利点を損なわないおすすめの下地を紹介します。

国産のミネラルファンデが良い理由

ミネラルファンデーションは海外で開発されたため、輸入品も多くあります。あえて国産の製品がおすすめ、という理由を紹介します。

日焼け止めにミネラルファンデだけでは役不足?

ミネラルファンデーションには紫外線防止効果もあるものが多いのですが、その効果については表示されている数値を鵜呑みにしてはいけません。日焼け止めは必ず使った方が良いですよ。

ミネラルファンデーションをうまく使うためのブラシ選び

ミネラルファンデーションはブラシでつけるのが基本。でもふだんブラシでメイクはしていないから、あまりうまく使えない、という人も。材質や大きさなど、メーカー別に紹介します。