1. エトヴォス

エトヴォス(ETVOS)

管理人の評価(平均:3.6点)
価格 1,800円(税抜)

肌に負担の少ないミネラルファンデの中でも、特に優しい製品です。肌にトラブルが起きやすい、という人におすすめ。とにかく刺激がなく、素肌のような仕上がりが良い人に向いています。

 

カバー度 ⇒ 3

ジャーボトルに入った、パウダータイプはあまりカバー力がありませんでしたが、リキッド、クリームとカバー力のあるタイプも出ています。

エトヴォスのミネラルファンデーションは、時間が経ってからもくすまないのが特徴です。長い時間メイクしている人にもおすすめ。

元々、敏感肌用のスキンケア・メイク品を作っているメーカーなので、肌への優しさはお墨付きです。

 

色数 ⇒ 

4色展開と少ないのですが、日本人の肌に合わせて作っているそうで、なじみの良い色が揃っています。つけたての色が持続するので、迷ったら暗めの色を選んでおくと良いですね。

粉の色を見ると暗いように感じますが、発色が明るく、くすまないので心配はいりません。

 

価格 ⇒ 

プレスト・リキッド・パウダーと、ファンデーションの種類によっても違うのですが、基本のパウダーである「ディアミネラル」の場合、1gあたり545円と比較的安価です。

粒子が細かく、カバーしたい部分には重ね塗りが必要です。しっかり使うと早めになくなるかもしれませんが、肌のコンディションが上がると、重ね塗りしなくてもすむようになります。

 

成分 ⇒ 

ミネラル成分100%です。他のミネラルファンデと比べて変わった成分は配合されていませんが、マイカの配合量が多く、くすみにくい処方になっています。エトヴォスは他のメーカーよりも早く、 夜用のパウダーや、着色しない日焼け止め用のパウダーも作っていました。

また、下地として使えるエンリッチシルキープライマーというパウダーもあり、皮脂のコントロールをしやすくします。肌が敏感で通常の下地が使えず、くずれやすくて悩んでいる人に特におすすめしたいですね。

 

使いやすさ ⇒ 3

スターターキットのファンデーションは容器が小さく、ブラシが回しにくいのですが、本商品は大きさも適度で使いやすいです。スターターキットにはブラシもついていてかなりお得。粉タイプとしては、使いやすさは標準的。

エトヴォスからはコンパクトにセットできるプレストタイプも出ています。持ち歩きしやすくカバー力もあるので、便利です。

 

特に肌が弱いという人におすすめ

ミネラルファンデーションは、もともと火傷や怪我などで通常の化粧品が使えない人のために考えられた化粧品だそうですが、その中でもエトヴォスのディアミネラルは、特に肌が弱いという人におすすめです。

敏感肌用に考えて作られた製品ですから、肌に優しいのは折り紙つきなんですよ。スキンケア品も作っていて、トータルで使えるのも良い点です。

あとね、エトヴォスはチークやリップ、アイシャドーなどポイントメイク品もミネラルで揃ってるのが嬉しいです。

濃いシミなどは隠せませんが、特に目立った傷痕などがない肌なら、ちゃんとキレイに仕上がります。造り込んだ顔にならず、素肌っぽい仕上がりが良い、という人に向いていますね。

ディアミネラルファンデーションの容器が並んでいるところ

 

使っていて個人的に感じるのは、エトヴォスは皮脂の吸収にあまり長けていないという事です。私は汗っかきなので、夏などはとても汗をかくんですが、エトヴォスの粉だけだと、午後には崩れてしまうんです。

エトヴォスにはエンリッチシルキープライマーという下地パウダーのようなものがあります。これをつけておくと、汗をかいても崩れません。逆に、乾燥する部分は保湿する働きがあるので、顔全体につけておいてもいいですよ。

だから、特に汗かきという人は、シルキープライマーを使っておくと良いと思いますね。そこまで汗かきじゃないという人なら、ディアミネラルファンデーションだけで良いと思います。

 

エトヴォスの公式サイトや、某クチコミサイトでの評価も悪くないです。特に肌が敏感な人、アトピーの人などの人気があるようですよ。同じミネラル成分でも、オキシ塩化ビスマスなど、反応してしまう人が多い成分は配合されていないのも、肌の弱い人に人気がある理由だと思います。

私はオイリー肌のせいか、艶感が出にくいのでいまひとつな感じでしたが、乾燥しやすく荒れやすい人には、エトヴォスが一番しっくりくるのではないでしょうか。

エトヴォス ディアミネラルの
公式ページはこちら

 

シアーミネラルリキッドなら、カバー力が高まります

パウダータイプのディアミネラルは添加物がなく肌に優しい反面、カバー力は弱く、濃いシミなどが隠しにくいという難点があります。

そういった声が多かったのか、エトヴォスからリキッドタイプが発売されました。

スターターキットとして、小さなボトルのリキッドファンデと、ミネラルシルキーベールのミニコンパクトがセットになってたのを買い、使ってみましたよ。

リキッドの容器は、小さいのにちゃんとポンプになってました。1回分が1プッシュか2プッシュくらいですね。

 

シアーミネラルリキッドのミニ容器を手に持っているところ

テクスチャはちょっと固め。油分も少ないし、シリコンが入っていないのであまり伸びません。

 

シアーミネラルリキッドを手の甲につけてみたところ

2プッシュいっぺんに出して伸ばそうとすると、手にかなりついてしまって顔に伸びないので、1プッシュずつ出して使った方が良いと思います。

 

リキッドをポンと置いたところに留まる感じでつきます。なので通常のファンデーションのようなつもりで使うと、伸びにくいしあまり使いやすくない、と感じるかも。

シミの上や毛穴が気になるところに置き、周りをぼかすようにして使い、その上から、顔全体にディアミネラルをつけると一番キレイに仕上がります。

スターターキットがリキッドとコンパクトのセットになっているのは、そういう使い方をしてね、ということなんでしょうね。パウダーが固形なら、持ち歩きやすいですし。

 

ところで、よく聞くのが「普通のリキッドファンデーションのうえに、ミネラルファンデーションをつけてもいいのか」という話です。

エトヴォスのミネラルリキッドは、添加物が多い通常のリキッドファンデとは違うので、もちろん重ねて使ってもいいですよね。

でも、これまで使ってきた鉱物油タイプのリキッドファンデの上に使う、というのはおすすめ出来ないなと感じています。

ミネラル成分は、皮脂と馴染んでクリーム状に変化します。だから崩れにくいし肌に密着するんですよね。でも鉱物油とはなじまないので、かえって崩れやすくなってしまうんです。

使っているファンデ同士の相性もあるかと思いますが、せっかくの透明感ある仕上がりが、活かせなくなると思います。

ですから、もしリキッドとパウダーを合わせて使いたいと思うなら、このシアーミネラルリキッドのような製品を使うといいですね。

 

※シアーミネラルリキッドは、2018年1月現在販売されていません。

 

持ち歩きしやすい、タイムレスミネラル

持ち歩きしやすいプレストタイプの、タイムレスミネラルは 出先でメイク直しをする機会が多い人におすすめ。

ディアミネラルは、肌に優しい代わりにほとんどカバー力がない、という印象でしたが、タイムレスミネラルファンデはその点も改善されているように思います。

コンパクトは薄型で横長のタイプです。

タイムレスミネラルファンデーションの花柄ケースを持っているところ

見た感じ、化粧品じゃないみたい。

タイムレスミネラルファンデーションの容器を開けたところ

タイムレスは、スポンジパフにファンデーションを取って塗ると、塗りたては白く粉っぽい感じに。でも少し時間が経つと、皮脂と馴染んでいい感じになります。

 

カバー力不足と共に、ミネラルファンデーションの難点として耳にするのが、「外でのメイク直しがやりにくい」という点です。

ディアミネラルだと、容器のふたに粉を出してブラシでクルクルと混ぜるんですが、その時にどうしても粉が飛びます。

急いでいると粉が服についてしまうので、黒い服を着ている時なんて最悪、という話を聞きますね。私自身も、たまに出先でメイク直ししようと思うとやりづらい、と感じることがありました。

プレストタイプになっているものは、名前にミネラルとついていても実際にはミネラルも配合しただけの、ケミカル成分てんこもりのものが多くあり、使う気になれなかったんですよね。

でもタイムレスミネラルファンデーションは、使いやいコンパクトタイプなのにほとんど天然成分で出来ています。

頻繁にメイク直しをする人や、粉状は扱いにくいけど肌に負担の少ない製品を使いたい・・・という人に、お勧めのミネラルファンデーションです。

このケースは期間限定でしたが、タイムレスミネラルファンデーション自体は今でも販売されています。

エトヴォス タイムレスミネラルファンデーションの
公式ページはこちら

 

保湿力の高いクリーミィタップファンデ

シーンや体質によって使いやすい化粧品って違うものですが、エトヴォスからは色んな状況の人が使えるように、さまざまなタイプのミネラルファンデが発売されるのが嬉しいところです。

乾燥する季節にむけて、油分が多く保湿力もカバー力も高まった、エマルジョンタイプのファンデが発売されてました。

ホホバ種子油、ヒマワリ種子油など酸化しにくく美容効果も高いオイルが数種類配合されている、練りタイプのファンデーションです。しっとりしたツヤ感のある肌に仕上がります。もちろん石けんで落とせますよ。

携帯しやすい大きさのコンパクト。デザインもシンプルで飽きがこない感じです。

クリーミィタップファンデとケース、スポンジのセット

 

粉状のファンデーションと違って扱いやすい点、ツヤ肌に仕上がる点は好む人が多そう。

専用のスポンジ(マカロンパフ)も特徴的でした。

クリーミィタップファンデと、専用のマカロンパフ

だるまさんみたいな形で可愛らしい^^

最近、エマルジョンタイプのファンデーションにこういう形のポンポンスポンジがついている製品が増えましたね。元祖はどこなのか分からないですが、使ってみると確かにツヤが出るし、肌あたりがよくてなかかな調子がいいです。

 

通常、スポンジにファンデーションをとる時は、ファンデーション表面をなでるようにしてとりますが、このタイプのスポンジの場合は、くるくる回すようにしてとります。

そしてまずは肌の上を滑らせるように、くるくると回してつけます。そうすると、ニキビ跡などの肌の小さなデコボコが目立たなくなるんですよ。

その後、シミが気になるようなところには重ねづけ。仕上げには、頬骨の上など高い部分をスタンプするようにトントンとたたきこむ。

そうすると、ミネラルファンデーションとは思えないカバー力が発揮されて、すごくキレイに仕上がるんですよ。

 

密着感が高く崩れないのに、厚塗り感はなく毛穴のカバーもできるのでとても気に入りました。

オイルが配合されているので、これまでのエトヴォスのファンデと違ってじっとりした仕上がりになるんですが、崩れやすいわけではないです。

皮脂が気になる場合は上にミネラルパウダーをつけておいてもいいと思いますが、乾燥する時期はこのエマルジョンタイプだけで十分じゃないかなって気がします。

石けんで落ちるのも今まで通りだし、保湿してくれるしとても気に入りました。

 

ただ一点、スポンジの手入れがしにくいのが難点かなと思いました。清潔に使いたいから、毎回洗うんですが形が変わってるから洗いづらいんですよね^^;

でも仕上がりの質感が、普通のスポンジだと全然違うので、やっぱり専用のだるまさんスポンジを使いたいと思うし。もうちょっと手入れしやすいともっと良かったかなと思いました。

私のように、顔に傷跡がたくさんあるという人、パウダー状のファンデは毛穴落ちしてしまうという人には特におすすめだと思います。

クリーミィタップファンデの
公式ページはこちら

 

こちらもどうぞ

ヴァーチェ

エトヴォスの別会社として設立したヴァーチェの、リキッドミネラルファンデーション。リキッドとは思えない軽い使い心地で、カバー力もそこそこあります。油分が多く、乾燥しません。

アムリターラ アメージングオーガニック

アムリターラアメージングオーガニックファンデーションクリーミーモイスチャーは、油分と美容成分を多く含んだミネラルファンデーション。つけている間もスキンケアしてくれます。カバー力は高くありませんが、素肌がキレイな感じに仕上がります。自然な素顔メイクが好きな人にオススメしたいミネラルファンデーションでした。

リソウ リペアファンデーション

水や油を一滴も使わない、独自の生命体技術を使ったリペアジェルを作っているメーカーから発売されたファンデーション。美容成分がふんだんに使われ、肌に刺激がありません。

24hコスメ プレミアムパウダー

24hつけておいても大丈夫、という低刺激コスメ、24hファンデーションの高保湿シリーズ。年齢肌向きの保湿感とツヤ感、カバー力を備えつつ、石けんで落とせるのでおすすめです。

Sinn フェイスパウダー

オーガニックコスメを作っているSinn(シン)のオーガニックフェイスパウダー。ベースと組み合わせて使うと、カバー力が高まります。

クルールキャラメル

クルールキャラメルは光補正などがない、色味でカバーするだけ、というフランスのオーガニックブランド。肌が特に敏感な人に。