1. ミネラルのメリットを損なわない下地クリーム

ミネラルのメリットを損なわない下地クリーム

スキンケアのあと、下地不要で使えるのがミネラルファンデの良いところ。でも肌に隠したいトラブルが多いと、下地クリームを塗らないで使うのは不安になる気持ちもわかります。

でも、その時に気を付けて欲しいのは、ファンデーションをミネラル100%のものに変えるなら、下地に使うものも、成分を考えて欲しいってことなんです。

BBクリームやCCクリームなど、美容液・日焼け止め・下地を兼ねたものが、安い値段でたくさん売られています。

でも肌のコンディションが良くなってきたところに、刺激のある添加物がたくさん入っているものを使ったら、何にもならないと思うんです。

だから、下地を使おうって時にも、使われている原料をちょっと気にしておくといいんじゃないかな、と思います。

 

専用の下地として販売されている製品も、なぜか合成ポリマーや合成界面活性剤が使われていることが多いです。

出始めの頃とは違って、今ではクリーム状・リキッド状のミネラルファンデーションが販売されているので、それを下地クリーム代わりに使っておくのが、一番いいと思います。

ポイントは、「石けんで落とせる」ことだと思います。クレンジングが必要なものは、結局肌に残りやすい成分が入っていることが多いので。

私が使った中で、これは下地クリームに向いてるぞと感じたものを紹介しますね。

 

石けんで落とせる、リキッドタイプ

babuスムースナチュラルファンデーション

自然由来の国産BBクリームです。美容液成分が多く、保湿効果も高いので、年代を問わず使えます。

紫外線防止効果もあり、石けんで落とせます。防腐剤は使われていないので、開封後は3ヶ月をめどに使い切るといいですね。

ネットリした質感で、肌に強く密着します。ツヤ感のある仕上がりが好きな人むけ。

 

エトヴォス ミネラルリキッド

敏感肌の人に人気のエトヴォスから発売されているリキッドファンデーション。天然オイルなど保湿成分が多く、しっとりした使い心地です。

わりとサラサラした質感なので、肌にハリがある人むけかなという感じ。もちろん石けんで落とせます。

粉なしでも使えて、くすまないので、長時間メイクをしておく人にむいていると思います。

 

オルビス サンスクリーンオンフェイス

ミネラルファンデーションではなく日焼け止め下地ですが、石けんで落とせます。リニューアルしてクリームの色が灰色になりました。

肌の色味を均一にしてくれる点はいいんですが、色黒さんは顔が白く浮いてしまうかも。

上の2つに比べて値段が安い(1,000円くらい)ので、手軽に使いたい人におすすめです。

オルビスのサンスクリーンには2種類あります。チューブ式の方が石けんで落とせるタイプ。ボトルに入った乳液タイプはクレンジングが必要なので買う時には注意を。

 

どれを使うにしろ、塗ってすぐではなく、少し時間が経って顔が乾いてからつけると、一層キレイに仕上がります。

肌に刺激の少ない、負担をかけない下地を使うことで、よりミネラルファンデーションが使いやすい、キレイな肌になります。

コンディションが良くなり、肌自体が強くキレイになると、下地クリームはなくてもキレイにファンデーションがのるようになります。

そうしたら、通常のスキンケアのすぐあとにメイクが始められるし、軽く美しいメイクが可能になりますよ。

 

こちらもどうぞ

ミネラルファンデーションでシミを隠すには

肌に優しい分、カバー力はないと思われがちなミネラルファンデーション。管理人の濃いシミもミネラルコスメだけで隠せます。写真で紹介します。

汗に強いミネラルファンデーションはどれ?

ミネラルファンデーションはくずれにくいのも特徴ですが、特に汗に強いと感じているものを紹介します。

肌の負担になる成分が入った、ミネラルっぽいファンデに注意して

ミネラルファンデーションは肌に優しいという触れ込みなのに、肌の負担になる成分がたくさん入っているものもあります。ご注意を。

国産のミネラルファンデが良い理由

ミネラルファンデーションは海外で開発されたため、輸入品も多くあります。あえて国産の製品がおすすめ、という理由を紹介します。

日焼け止めにミネラルファンデだけでは役不足?

ミネラルファンデーションには紫外線防止効果もあるものが多いのですが、その効果については表示されている数値を鵜呑みにしてはいけません。日焼け止めは必ず使った方が良いですよ。

ミネラルファンデーションをうまく使うためのブラシ選び

ミネラルファンデーションはブラシでつけるのが基本。でもふだんブラシでメイクはしていないから、あまりうまく使えない、という人も。材質や大きさなど、メーカー別に紹介します。