1. レイチェルワイン

レイチェルワイン

管理人の評価(平均:3.4点)
価格(税込) 2,980円

ほどよくしっとりと仕上がる、最高のミネラルファンデ

皮膚科医のところで働きながら、自らの肌荒れを改善する化粧品を開発してきた、レイチェルワインさんのファンデーション。しっとり感とカバー力のバランスが良く、価格も安いです。

 

カバー度 ⇒ 3

粒子が細かく、しっとり感もちょうどいいので、特に毛穴のカバー力が良いと思います。目立つ濃いシミは、何度か重ねてつけるとカバーできます。

コンシーラーもパウダータイプであるので、それも利用するといいかも。ちょっとしたシミなら、ファンデの重ね塗りだけで充分です。

つけたてより、しばらく経ってからの方がキレイです。

 

色数 ⇒ 

12色と多く、しかも日本人の肌の色にフィットする色ばかり。少し明るめの色を選んでおくと、くすまずに仕上がります

粉自体を見ると、あまり色の差がないように感じますが、顔につけてしばらくおくと発色の違いがわかります。

ブラシ付きで1,980円で買えるトライアルセットには、色味の似通った2色がついてくるので、まず使ってみて。本商品を買うときには、より自分の肌色に合っている方を選べます。

 

価格 ⇒ 3

1gあたり700円と標準的です。パッケージも可愛いですね。メイク時に使うシャーレ(皿)などは、要望に応えて後から販売されるようになりました。

パウダーの飛び散りを防ぐパフなど、少しずつリニューアルしていますが、価格は変化していません。

 

成分 ⇒ 

マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alが全成分。添加物がなく、正しいミネラルファンデーションの成分といえます。

化学反応で作られたラメ類や、塩化ビシマスなど、肌が特に敏感だと反応する可能性のある成分も入っていません。肌が荒れやすくて、ファンデーション選びに困っている人に最適です。

 

使いやすさ ⇒ 2

少しずつリニューアルを重ねて、現在はかなり使いやすくなりました。発売当初は、ジャータイプに入ったミネラルファンデーションの中では、使いにくい製品だったんですけどね。

持ち歩きしやすい、コンパクトタイプのファンデーションも発売されています。

ジャーボトルタイプの可愛らしい容器に変更はありませんが、粉が飛ばないよう 中栓の働きをするパフも、付属するようになりました。少しずつ使いやすさがアップするように、リニューアルされている点に好感がもてます。

 

レイチェルワインは、しっとり・サラサラな仕上がり肌が絶妙

レイチェルワインは、ほどよくしっとりとした仕上がりのミネラルファンデーションです。

皮膚科医のところで働きながら、自らの肌荒れを改善する化粧品を開発してきた、レイチェルワインさんの名前がそのまま製品名になってます。

メイクアップアーティストさんがご自分の名前をつけた化粧品を販売することは多いですけど、ミネラルファンデーションではこれだけですよね。

 

毛穴のカバー力が高め

レイチェルワインはミネラルファンデーションの基本、ミネラルのパウダータイプ。粒子が細かく、毛穴のカバー力が高めです。

ちょっとしたシミならファンデの重ね塗りで大丈夫。濃いシミには、パウダータイプのコンシーラーを。

スルッと石けんでオフできる

ミネラルパウダータイプですから、オフは泡立てた石けんだけでOK。クレンジングは不要です。

チークやアイシャドウなど、ポイントメイクもあるので、揃えて使えば肌への負担は最小限にできますね。

密着し崩れない

細かい粒子が皮脂となじんで密着し、乾燥も防いでくれます。つけたてよりも、時間が経ってからの方がキレイ。

よほどの大汗をかかない限りは、崩れずにずっとキレイなままです♪

 

脂っぽくならず、乾燥しない。しっとりな仕上がりのレイチェルワイン

ミネラルファンデーションを使いはじめたころ、最初に使ったものはカバー力はあるけど脂っぽい仕上がりになったのが不満でした。

次に使ったものはマットに仕上がるけど乾燥する。

ちょうど良いしっとり感のミネラルファンデはないかと思っていた時に、レイチェルワインを知り使ってみました。

最初の印象は「容器が可愛い」(笑)

ミネラルファンデーションは、成分の自然さ・シンプルさを表現するためなのか、そっけない容器に入っているものが多いんですよね。

なのでレイチェルワインの容器はテンションがアガりました♪

個人的には、ブラシが柔らかすぎるのは難点かと思ってますが

肌ざわりはとても良いので、これは個人の好みかなと思います。

筆以外のツールでいうと、レイチェルワインにはファンデーションを筆に含ませるために使うシャーレがあるんですけど

これがすごい便利!

粒子が細かいし、パッケージが可愛いぶん、フタが小さくてブラシをクルクルできないんですよねw

その点を考えてか、シャーレが用意されてるんでしょうね・・・

 

でもこれ、実は別売りで買わなくてもトライアルセットに入ってますw

ここまで大盤振る舞いのトライアルセットが用意されているのは、レイチェルワインくらいじゃないでしょうか(゚∀゚)

フタを開けた時に粉が飛ばないように、ボトルにパフが入ったりと細かいリニューアルをしてるのも、レイチェルワインならではの工夫ですね~。

 

いちばんの特徴は、絶妙な質感

ミネラルファンデーションは天然ミネラルの粉で作られているので、一見どれも同じに感じます。

ブレンドの割合とか、粒子の細かさとかでそれぞれ違いがあるんですが、レイチェルワインの良い点は仕上がりの質感が絶妙ってことです。

脂っぽくてべっとりした感じにはならず、それでいて乾燥してパサパサにもならない。

まるで素肌がキレイな人みたいに感じられるので、好きな人は多いと思いますね~。

チークとアクセントパウダーも、同じ質感のものがあります。

優しい色味のチークパウダー

強烈に色はつきませんが、ふんわり優しく、それでいて立体的な印象になります。

立体感とツヤをアップするアクセントパウダーは、トライアルセットにも入ってる

もちろん、どちらも石けんでオフできますよ!

 

ファンデより先にも、後からでも使えるコンシーラー

どのメーカーのミネラルファンデーションにも、ファンデとは別のコンシーラーが用意されています。

ミネラルメイクのコンシーラーって、見た感じは ほとんどミネラルファンデーションと同じなんですよね。

でも使ってみると、粉の粘りとツヤ感がファンデーションとは違うんです。

レイチェルワインのコンシーラーは、カバーしたい部分にしっかり密着します

ミネラルのコンシーラーは、ファンデーションを使ってから上に重ねるのが一般的。

でもファンデより先に使っても別に問題ないんですよね。好みの仕上がりになるように、試してみていいと思います。

私には濃いシミがあるので、ミネラルファンデーションの上に重ねます。

まず、コンシーラーを含ませた筆を、隠したい部分の真ん中にポンと置きます

あとはその置いた部分の中心にはさわらないようにして、周辺をぼかしていきます。

そうすると、たいがいのシミは隠せます♪

レイチェルワインは毛穴カバーに長けているので、クレーターのような大きな凸凹がなければ、ファンデーションだけで大丈夫ですね。

もし、大きな凸凹があり目立つようなら、コンシーラーをファンデーションの前に使うといいです。

そうすると、ファンデーションを塗った時に段差が目立たなくなって、均一に仕上がるんですよね。

自分の肌に合った使い方を探るのも楽しいので、あれこれやってみると面白いです♪

レイチェルワインは、他のミネラルファンデーションだと仕上がりの質感がイマイチ・・・という人に試してみて欲しいミネラルファンデです!

レイチェルワイン

 

管理人お気に入りのミネラルファンデ BEST3
  1. エトヴォス
    → 敏感肌用コスメのブランド。リキッド、クリーム、パウダーと多種類展開で、好みの仕上がりを選べる。
  2. ヴァーチェ
    → 中身の8割が美容成分。抗酸化力が高いマルラオイルを配合し、保湿力もバツグン。リキッドなのにクレンジング不要。
  3. レイチェルワイン
    → 開発者自身の肌荒れ経験から開発したミネラルファンデ。しっとり感と適度なツヤのある仕上がり。

 

こちらもどうぞ

トゥヴェール

ミネラルのみのUVパウダーなどを作っている、トゥベールのミネラルファンデーション。持ち歩きやすく、使いやすいコンパクトタイプです。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

ヴァントルテの、ミネラルパウダーシルクファンデーションを使ってみました。なんとなく中途半端な印象でした。

SUSAN POSNICK(スーザンポスニック)

アメリカのメイクアップアーティスト、スーザン・ポスニックが開発したミネラルメイクシリーズ。皮脂になじんでだんだん自然にキレイになります。機能的でシンプルな容器がとてもいいです。