1. トゥヴェール

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

管理人の評価(平均:3.2点)
価格(税込) 2,790円

トゥヴェールから発売された、プレストタイプのミネラルファンデーションです。

ミネラル成分100%で作られており、保湿成分も多いので、カバー力に優れ肌にも優しい仕上がりです。

0
 

カバー度 ⇒ 3

毛穴のカバーに関しては、タルクが使われているファンデーションと互角のカバー力があります。

濃いシミはカバーできませんが、重ねづけすれば目立ちません。パウダーのミネラルファンデーションの中では、カバー力は高めです。

 

色数 ⇒ 2

4色展開と少なめです。ベージュオークル以外は、明るく白い発色ですね。他にはオークル、ライトオークル、ライトナチュラルがあります。

一番暗いベージュオークルも、つけると白い感じがします。色黒の人は色選びに迷うかも。

 

価格 ⇒ 

コンパクトとパフ付きで、2,700円とかなり安いです。成分がミネラル100%ではないので、満点ではありませんが・・・。

プレストタイプなので、通常の製品と、単純に比較できませんが、1gあたり約250円ほどの換算になります。

なお、たまに期間限定で、もっと安い値段で販売することもあるようです。公式サイトをこまめにチェックしておくと良いですね。

 

成分 ⇒ 3

着色料は天然ミネラル100%で作られています。品質安定や保湿のためによく使われているポリマー類が使われていないので、かなり肌に優しい印象。

保湿に役立つセラミドやヒアルロン酸なども多く配合されています。

天然ミネラル100%のファンデーションではありませんが、同じように使うことができます。

 

使いやすさ ⇒ 

プレストタイプなので持ち歩きしやすく、メイク直しもしやすいです。

スポンジは表裏でタイプが違い、カバー力を上げたいならスポンジ面、ふわっと仕上げたいならフロッキー面で仕上げると良いです。

毛穴をカバーしたい場合も、フロッキー面がおすすめ。使い分けが出来るのも便利ですね。

ちなみに、より自然でツヤのある雰囲気に仕上げたい場合、皮脂をコントロールしたい場合は、ブラシを使うのをおすすめします。

 

コンパクトケース入りで持ち歩きしやすいトゥヴェール

ミネラルファンデーションが肌に優しいのはわかるけど、出先で使うには不便。

容器とブラシを別々に持たなきゃならないし・・・。

そんな声は多いらしく、コンパクトに入ったプレストタイプのミネラルファンデーションも発売されてます。

しかし中には、持ち歩きできる形状にするために、ミネラルファンデーションの利点である「石けんで落とせる優しさ」を無くしているものも。

肌に負担がないからミネラルファンデーションを使いたいのに、それじゃ意味がありませんよね。

そこでオススメなのがトゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションです。

 

クレンジング不要。石けんで簡単にオフ

着色料は天然ミネラル。他の成分もクレンジング不要のものだけです。

天然油分も含まれてますが、泡立てた石けんで簡単にオフできます!

スポンジの工夫で、崩れにくい仕上がりに

付属のスポンジは両面が違うテクスチャー。仕上げの工夫で、崩れにくさがUPします。

重ねて使えばカバー力も増します

ブラシでなく、スポンジで使うタイプなので意識的に薄く重ねて。

必要な部分にだけ重ねることで、カバー力も高まります。

 

持ち歩きに便利なプレストタイプ。なのに石けんでオフできる

コンパクトケースにセットされた、プレストタイプのミネラルファンデーションも増えていますが、中には

え、ミネラルファンデーションの良さが失われてしまった・・・

と感じるモノもあります。残念ながら、有名メーカーの製品ほど、その傾向が強いみたい。

持ち歩きしやすいプレストタイプでも、ミネラルファンデーションなら石けんでオフできるか、皮脂を吸収して密着が高まるようになっているか。

そこを考えて選びたいです。

トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションは、その点 間違いなしですよ~。

 

美容成分配合で、保湿力も高い

原料を見ると、天然ミネラル成分だけではないですが

スクワランやオリーブ果実油、キャンデリラロウエキス、セラミド、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Naなどなど、美容液などによく使われている成分ばかりなのがわかります。

これだけの美容成分が入っているだけあって、日中つけている間も乾燥しにくいんですよね。

そして皮膚を覆ってガッチリ固めちゃう成分(シリコンなど)が使われていないので、クレンジングも要らないというわけです。

 

表裏で違うテクスチャのスポンジがポイント

コンパクトケースにセットされているスポンジは、表裏が違うテクスチャ

通常のスポンジ面と、ふわふわしたフロッキー面があります。

詳しい使い方は付属の説明書に書いてある

シミやシワのカバー力をアップしたいならスポンジ面、ふわっと自然な仕上がりと毛穴カバーにはフロッキー面を使うとキレイに仕上がります♪

 

肌が乾いた状態で使うのがコツ

コンパクトに入ってるし、プレストされているのでふつうのファンデーションと同じように使いたくなるんですが・・・

中身はミネラルファンデーションなので、スキンケアが終わって「肌が乾いてから」使うのがコツです!

どうしても顔がしっとりしてるうちにメイクしたくなるんですよね~(笑)

でもミネラルファンデーションは、湿った肌につけるとムラになってしまいます。

顔が乾いてサラサラした状態で使うと、毛穴落ちしたりムラになったりせず、キレイに仕上がります。

 

オーソドックスなパウダータイプもあります

トゥヴェールでは、パウダータイプのミネラルファンデーションも以前から作っています。

こちらも成分は天然ミネラルのみではありませんが、ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿美容成分を多く含んでいます。

私が買った時は、セットになっていました。

これね、面白いのはファンデーションの2色づかいを勧めていることですね。

ミネラルファンデーションは、マットで均一な仕上がりになりがち。

輪郭にそって2色づかいすることで、立体的で自然なメイクに仕上げましょう、ってことですね。

パッケージはシンプルで、飾りっ気のない感じ。

ちょっと化粧品らしい華やかさが足りないとも感じますw

特にファンデーションは、中身の色が見えやすいようになのか、蓋の部分も透明なんですよ

ミネラルのメイク品にはシンプルなものが多いですが、ここまで徹底してシンプルなパッケージもちょっと珍しいですね(笑)

 

肝心の使い心地ですけど、特徴的なのは粉がしっとりしてるんですよ。

これはやっぱり、保湿成分が多く含まれているためでしょうかね。

ブラシに含ませやすいのは良いですが、それだけにブラシに残ってしまう分も多いので、これは好き嫌いが分かれそう。

扱いやすい点もあり、スポンジの方がムダが出にくいので、どうせならプレストタイプのパウダリーファンデーションを使う方がいいかなと思います。

 

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

 

管理人お気に入りのミネラルファンデ BEST3
  1. エトヴォス
    → 敏感肌用コスメのブランド。リキッド、クリーム、パウダーと多種類展開で、好みの仕上がりを選べる。
  2. ヴァーチェ
    → 中身の8割が美容成分。抗酸化力が高いマルラオイルを配合し、保湿力もバツグン。リキッドなのにクレンジング不要。
  3. レイチェルワイン
    → 開発者自身の肌荒れ経験から開発したミネラルファンデ。しっとり感と適度なツヤのある仕上がり。

 

こちらもどうぞ

レイチェルワイン

皮膚の専門家の元で修行した女性が開発したミネラルファンデーションです。粒子の細かさ、肌への密着度合い、容器のキレイさと非の打ちどころがありません。脂っぽくなく、しっとりしています。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

ヴァントルテの、ミネラルパウダーシルクファンデーションを使ってみました。なんとなく中途半端な印象でした。

SUSAN POSNICK(スーザンポスニック)

アメリカのメイクアップアーティスト、スーザン・ポスニックが開発したミネラルメイクシリーズ。皮脂になじんでだんだん自然にキレイになります。機能的でシンプルな容器がとてもいいです。